パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

講座・講演会情報 講座・講演会情報

視覚文化連続講座シリーズ2 
第4回「視覚文化を横断する」
講座レポート

山水のイメージ、山水画の「イメージ」

-リアルから理想・想像へ-

河野道房
(同志社大学教授)

日時:2021年12月18日(土曜)午後2時から3時30分
会場:平安女学院大学京都キャンパス
主催:きょうと視覚文化振興財団 京都新聞社
協力:平安女学院 京都新聞総合研究所
連続講座第4回は、河野道房先生のご講演でした。河野先生は、中国の山水画の誕生とその精神性についてお話しをされました。資料として、東晋から宋にかけての中国の隠者であった宗炳(375年 - 443年)という人物が書き残した「画山水序」という『歴代名画記』に収録されている文献を紹介され、講読形式で読みながら、要点をかいつまんで説明されました。
それによりますと、宗炳が初めて「山水画」を定義したということです。中国にいる偉大な人物を「聖人」と呼びますが、その聖人が霊妙な心の働きによって、宇宙を動かす根本原理としての「道」と一体化します。聖人を理解できる人物である「賢人」は、道に通じようと努めますが、そのときに、道を美しく象徴している「山水」の形を大事にするわけです。人間愛にあふれる「仁者」は、山水を楽しんで理想の境地に至ります。要するに、山水画に描かれている内容は、峰々は高くそびえ、雲の漂う林は茂り、聖人や賢者の心は、時代を超えて後世まで光り輝き、この世界のすべての物は、その霊妙な精神を現すということです。そうした状況に入ったとき、人間はこれ以上何をする必要もなくなり、ただ自らの霊妙な精神をくつろがせばよいという教えです。人々の精神をくつろがせるものとしては、「山水画」以上のものはないということです。
河野先生は、中国5世紀の工芸品に刻まれた「山水」の解説から始められ、10世紀の宋の時代に、「自分の胸の中にある山を描く」という文人画が誕生したことをお話しされました。大変高度で難解な中国の山水画の成立を、分かりやすい言葉で解説されましたので、受講生たちは、ベテラン研究者の学識の広さと深さを教えられ、感動したものと思います。難しい内容を平易に語ることほど難しいことはありません。その意味で、河野先生による今回の講座はなかなか聞く機会のない貴重で重厚なものであったと感じました。(N)



【会場の様子】
受講生の「難しそうだな。話についていけるのかな。」という不安の気持ちが教室内に広がっていましたが、始まってみると、「なかなか面白いな。」という声に変わったようです。

若い受講生も、深遠な山水画の話に興味をもち、積極的に質問の手を上げ、教室内は真剣さを感じさせるとともに、なごやかな雰囲気にみたされました。

いつものように、抽選に当たった受講生が、景品の雑誌を受け取る場面です。くじに当たって恐縮している受講生のほほ笑ましい姿が印象的でした。「おめでとうございます。」

【連絡先】

きょうと視覚文化振興財団事務局

〒611-0033 宇治市大久保町上ノ山51-35
Tel / Fax:0774-45-5511
Mail:info@kyoto-shikakubunka.com